HOME>アーカイブ>eラーニングシステムで効率よく学ぶ【社会人も学生も楽に学習可能】

人材育成に!eラーニングシステムのお試し体験が便利

人材育成のためのeラーニングシステムを利用しようと思っても、提供している会社や教材の種類も多様にあります。より良いシステムを選ぶためにも、お試し体験をしてみるといいでしょう。

企業担当者必見!eラーニングシステム導入時に確認すべきこと

  • 教材を使って学ぶため、教材の質もチェック
  • 学習の進捗状況や成績、テストの実施や成績などの管理が行いやすいかどうかも大切
  • eラーニングシステムによっては受講人数に制限を設けているものがある
  • eラーニングシステムによってパッケージやクラウドタイプなど提供形態が異なる
  • eラーニングシステムによっては受講人数に制限を設けているものがある
  • eラーニングシステムによってパッケージやクラウドタイプなど提供形態が異なる
  • スマホやタブレットに対応しているなどモバイルデバイスで受講できるか
  • 機密情報を扱う時のことも考えて、セキュリティ機能をチェック
  • サービス提供事業者について、その評判や実績を調べてみる
  • 料金についても調べておくこと

個人で学習するために

女性

個人で資格取得のために学習する方法は多種多様です。専門学校へ行き講義を受けたり、参考書を購入して自習したりする人が多いと思います。学校に通うためにはまとまった授業料と通学の時間が必要になります。社会人は時間の確保が難しくなります。参考書などを購入し、自宅で学習するには不明な点などを自分で学ぶ必要があり、参考書に記載されている以上のことを学ぶことはできません。学習方法としてeラーニングシステムが

ネット環境が必要です

パソコン

eラーニングシステムとは、インターネット環境と接続できる端末を使って個人が学習するためのシステムを言います。学校側は校舎を用意する必要がなくなります。また、教師と生徒は同じ場所で時間を共有する必要がありません。生徒は学校側が用意したコンテンツにアクセスします。その中で、必要な学習内容を選びます。動画やテキストなどで構成されたコンテンツを通じて規定時間で学習し、単元が完了するごとにテストを受けます。学校側はそのテストを採点し、その結果を生徒へ送信します。生徒は採点結果をもとに学校側へ不明な点を質問し、学習内容を掘り下げることが可能になります。

成果が可視化できます

男性

eラーニングシステムは学校側と生徒が時間と場所を共有しなくても学習を深めることができます。生徒側は個人で学習する場合は強い意志を持たないと継続できなくなることもあります。しかし、eラーニングシステムであれば生徒同士のコミュニティを作ることができれば、お互いで切磋琢磨することで学習の成果を上げられます。また、学校側は生徒と綿密にコミュニケーションを取れるので、学習の進捗を把握することができます。理解している内容とそうでない内容を把握し、生徒に合わせた学習内容が提供できるようになります。

広告募集中